ソース掲示板




すべてから検索

キーワード   条件 表示 現行ログ 過去ログ トピックス 名前 本文
COM への .NET Framework コンポーネントの公開
日時: 2011/10/07 09:57
名前: lightbox



 【MSDN】 Microsoft へのリンク

キーペアの作成
【MSDN】 Microsoft へのリンク


C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 8\SDK\v2.0\Bin
sn -k <file name> 
例 : sn -k lightbox.snk sn.exe の引数
使い方: sn [-q|-quiet] <option> [<parameters>]
 オプション:
  -c [<csp>]
    MSCORSN 操作に使用する CSP の名前を設定/リセットします。
  -d <コンテナ>
    <コンテナ> という名のキー コンテナを削除します。
  -D <アセンブリ1> <アセンブリ2>
    <アセンブリ1>と <アセンブリ2> は、署名のみが異なるか確認します。
  -e <アセンブリ> <出力ファイル>
    公開キーを <アセンブリ> から <出力ファイル> に抽出します。
  -i <入力ファイル> <コンテナ>
    キー ペアを <入力ファイル> からキー コンテナ <コンテナ> にインストール
    します。
  -k [<キーサイズ>] <出力ファイル>
    指定されたサイズの新しいキー ペアを生成して <出力ファイル> に書き込みます。
  -m [y|n]
    キー コンテナをユーザー固有でなく、コンピュータ固有にする (y)、しない (n)、
    確認する (指定しない)。
  -o <入力ファイル> [<出力ファイル>]
    <入力ファイル> の公開キーを、コンマ区切りのテキスト ファイル <出力ファイル>
    に変換します。10 進数のバイトの値のリストです。
    <出力ファイル> が省略されている場合、テキストはクリップボードにコピーされ
    ます。
  -p <入力ファイル> <出力ファイル>
    <入力ファイル> のキー ペアから公開キーを抽出して <出力ファイル> にエクス
    ポートします。
  -pc <コンテナ> <出力ファイル>
    <コンテナ> のキー ペアから公開キーを抽出して <出力ファイル> にエクス
    ポートします。
  -q
    非表示出力モードです。このオプションはコマンド ラインの最初に指定し、エラー
    メッセージ以外の出力を表示しません。
  -R[a] <アセンブリ> <入力ファイル>
    <入力ファイル> 内のキー ペアを使い、完全、もしくは不完全に署名されたアセ
    ンブリを再度署名します。
    -Ra が使用されている場合は、アセンブリ内のすべてのファイルに対してハッシュ
    は再計算されます。
  -Rc[a] <アセンブリ> <コンテナ>
    <コンテナ> 内のキー ペアを使い、完全、もしくは不完全に署名されたアセンブリ
    を再度署名します。
    -Rca を使用する場合、アセンブリ内のすべてのファイルに対してハッシュは
    再計算されます。
  -Rh <アセンブリ>
    アセンブリのすべてのファイルに対してハッシュを再計算します。
  -t[p] <入力ファイル>
    <入力ファイル> の公開キー トークンを表示します。-tp が指定された場合は、
    公開キー自体も表示します。
  -T[p] <アセンブリ>
    <アセンブリ> の公開キーのトークンを表示します。-Tp が指定された場合は、
    公開キーと共に表示します。
  -TS <アセンブリ> <入力ファイル>
    <入力ファイル> 内のキー ペアを使い、完全、もしくは不完全に署名されたアセ
    ンブリをテスト署名します。
  -TSc <アセンブリ> <コンテナ>
    <コンテナ> 内のキー ペアを使い、完全、もしくは不完全に署名されたアセンブリ
    をテスト署名します。
  -v[f] <アセンブリ>
    厳密な名前による署名との一貫性を <アセンブリ> に対して確認します。-vf が指
    定されている場合は、レジストリで無効化されていても強制的に検証します。
  -Vl
    このコンピュータでの厳密な名前の確認に関する現在の設定を一覧表示します。
  -Vr <アセンブリ> [<ユーザーリスト>] [<入力ファイル>]
    検証を省略するために <アセンブリ> を登録します。ユーザー名のコンマ区切り
    一覧、および <入力ファイル> 内のテスト公開キーを指定することも可能です。
    すべてのアセンブリを示すためには <アセンブリ> を、または指定された公開キー
    トークンを持つすべてのアセンブリを示すためには *,<公開キー トークン> を
    指定することができます。公開キー トークンは16 進桁の文字列で指定して
    ください。
  -Vu <アセンブリ>
    検証を省略するために <アセンブリ> の登録解除します。<アセンブリ> の
    名前付けには -Vr と同じ規則が適用されます。
  -Vx
    確認のスキップをするエントリをすべて削除します。
  -?
  -h
    このヘルプを表示します。
メンテナンス

.NET サーバー ( No.2 )
日時: 2009/02/21 18:33
名前: lightbox


日時: 2009/02/21 18:33
名前: lightbox
【MSDN】 Microsoft へのリンク

vbc /target:library lboxCom.bas
↓lboxCom.bas
Imports System
Imports System.Reflection

<Assembly: AssemblyKeyFile("lightbox.snk")>
Namespace lboxComLib    

	Public Interface IlboxCom

		Function Enclose( str As String ) As String

	End Interface    

	Public Class lboxCom
		Implements IlboxCom

		Public Function Enclose( str As String ) As String _
			Implements IlboxCom.Enclose

			Return """" + str + """"

		End Function

	End Class

End Namespace
このアーティクルの参照用URLをクリップボードにコピー メンテナンス
登録 ( No.3 )
日時: 2007/07/07 14:26
名前: lightbox
regasm lboxCom.dll /tlb:lboxComLib.tlb /codebase 
↓レジストリ情報の出力( 実際のレジストリには、codebase が登録されている )
regasm lboxCom.dll /regfile:lboxCom.reg
REGEDIT4

[HKEY_CLASSES_ROOT\lboxComLib.lboxCom]
@="lboxComLib.lboxCom"

[HKEY_CLASSES_ROOT\lboxComLib.lboxCom\CLSID]
@="{0798CE31-94CE-3BAE-AF1E-6F095CD9272B}"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{0798CE31-94CE-3BAE-AF1E-6F095CD9272B}]
@="lboxComLib.lboxCom"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{0798CE31-94CE-3BAE-AF1E-6F095CD9272B}\InprocServer32]
@="mscoree.dll"
"ThreadingModel"="Both"
"Class"="lboxComLib.lboxCom"
"Assembly"="lboxCom, Version=0.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=bddd95b94da44cb4"
"RuntimeVersion"="v2.0.50727"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{0798CE31-94CE-3BAE-AF1E-6F095CD9272B}\InprocServer32\0.0.0.0]
"Class"="lboxComLib.lboxCom"
"Assembly"="lboxCom, Version=0.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=bddd95b94da44cb4"
"RuntimeVersion"="v2.0.50727"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{0798CE31-94CE-3BAE-AF1E-6F095CD9272B}\ProgId]
@="lboxComLib.lboxCom"

[HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{0798CE31-94CE-3BAE-AF1E-6F095CD9272B}\Implemented Categories\{62C8FE65-4EBB-45E7-B440-6E39B2CDBF29}]
↓タイプライブラリに登録される
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\TypeLib\{4CE0293F-FB3A-3687-AD2B-1D7F1987D814}]

[HKEY_CLASSES_ROOT\TypeLib\{4CE0293F-FB3A-3687-AD2B-1D7F1987D814}\1.0]
@="lboxCom"

[HKEY_CLASSES_ROOT\TypeLib\{4CE0293F-FB3A-3687-AD2B-1D7F1987D814}\1.0\0]

[HKEY_CLASSES_ROOT\TypeLib\{4CE0293F-FB3A-3687-AD2B-1D7F1987D814}\1.0\0\win32]
@="D:\\Backup\\PRODUCT\\_MISC\\multi_lang\\COM\\lboxComLib.tlb"

[HKEY_CLASSES_ROOT\TypeLib\{4CE0293F-FB3A-3687-AD2B-1D7F1987D814}\1.0\FLAGS]
@="0"

[HKEY_CLASSES_ROOT\TypeLib\{4CE0293F-FB3A-3687-AD2B-1D7F1987D814}\1.0\HELPDIR]
@="D:\\Backup\\PRODUCT\\_MISC\\multi_lang\\COM"

このアーティクルの参照用URLをクリップボードにコピー メンテナンス
実行 ( No.4 )
日時: 2007/07/07 14:13
名前: lightbox
Set obj = CreateObject("lboxComLib.lboxCom")

Wscript.Echo obj.Enclose("文字列")
このアーティクルの参照用URLをクリップボードにコピー メンテナンス