ソース掲示板




すべてから検索

キーワード   条件 表示 現行ログ 過去ログ トピックス 名前 本文
トークン分解 --> 配列 --> 列挙
日時: 2007/07/01 01:23
名前: lightbox



社員コード氏名フリガナ所属性別作成日更新日
0001浦岡 友也ウラオカ トモヤ000302005/04/032005/06/19
0001,浦岡 友也,ウラオカ トモヤ,0003,0,2005/04/03,2005/06/19
メンテナンス

VBScript @ ( WSH ) ( No.1 )
日時: 2009/02/21 20:12
名前: lightbox


日時: 2009/02/21 20:12
名前: lightbox

VBScript は関数で基本的な処理を行います。
特別な処理は、CreateObject 関数で外部実装されているオブジェクトを作成して使います
WSH、ASP、または、IE のアクションスクリプトで使用されます



12
トークン分解Split 関数
戻り値配列
添え字最大値Ubound 関数
列挙For 〜 Next ループ
str = "0001,浦岡 友也,ウラオカ トモヤ,0003,0,2005/04/03,2005/06/19"

aData = Split( str, "," )

For I = 0 to Ubound( aData )

	Wscript.Echo aData(I)

Next
VBScript の関数
このアーティクルの参照用URLをクリップボードにコピー メンテナンス
VBScript A ( WSH ) ( No.2 )
日時: 2007/06/30 23:19
名前: lightbox

12
トークン分解Split 関数
戻り値配列
列挙For Each 〜 Next ループ
str = "0001,浦岡 友也,ウラオカ トモヤ,0003,0,2005/04/03,2005/06/19"

aData = Split( str, "," )

For Each element In aData

	Wscript.Echo element

Next
このアーティクルの参照用URLをクリップボードにコピー メンテナンス
VB.NET ( No.3 )
日時: 2007/07/01 00:42
名前: lightbox

12
トークン分解String クラスの Split メソッド
戻り値String 型の配列オブジェクト
添え字最大値配列オブジェクトの GetUpperBound メソッド (ランク 1)
列挙For 〜 Next ループ
Module MyModule

' ********************************************************
' * 実行
' ********************************************************
Sub Main()

	Dim str As String = "0001,浦岡 友也,ウラオカ トモヤ,0003,0,2005/04/03,2005/06/19"

	' 区切り文字定義
	Dim delimStr As String = ","
	Dim delimiter As Char() = delimStr.ToCharArray()

	Dim aData As String() = str.Split( delimiter )

	Dim i As Integer

	For i = 0 To aData.GetUpperBound(0)
		Console.WriteLine( aData(i) )
	Next


Dim element As String For Each element In aData Console.WriteLine( element ) Next End Sub End Module
このアーティクルの参照用URLをクリップボードにコピー メンテナンス
C# ( No.4 )
日時: 2007/07/01 00:12
名前: lightbox

12
トークン分解String クラスの Split メソッド
戻り値String 型の配列オブジェクト
添え字最大値配列オブジェクトの GetUpperBound メソッド (ランク 1)
列挙for ループ
using System;

// ********************************************************
// * 実行
// ********************************************************
public class App
{

	public static void Main() {

		String str = "0001,浦岡 友也,ウラオカ トモヤ,0003,0,2005/04/03,2005/06/19";

		// 区切り文字定義
		String delimStr = ",";
		Char[] delimiter = delimStr.ToCharArray();

		String[] aData = str.Split( delimiter );

		for( int i = 0; i <= aData.GetUpperBound(0); i++ ) {
			Console.WriteLine( aData[i] );
		}


for( int i = 0; i < aData.Length; i++ ) { Console.WriteLine( aData[i] ); } foreach(String element in aData) { Console.WriteLine( element ); } } }
このアーティクルの参照用URLをクリップボードにコピー メンテナンス
Java ( No.5 )
日時: 2007/07/01 00:07
名前: lightbox
public class split {
	public static void main(String[] args) {

		String str = "0001,浦岡 友也,ウラオカ トモヤ,0003,0,2005/04/03,2005/06/19";

		String[] aData = str.split(",");

		for (int i = 0; i < aData.length; i++ ) {
			System.out.println( aData[i] );
		}
	}
}
このアーティクルの参照用URLをクリップボードにコピー メンテナンス
Jscript ( WSH ) ( No.6 )
日時: 2007/07/01 01:04
名前: lightbox
str = "0001,浦岡 友也,ウラオカ トモヤ,0003,0,2005/04/03,2005/06/19";

// トークンに分解
aData = str.split( "," );

for( i = 0; i < aData.length; i++ ) {
	WScript.Echo( aData[i] );
}

for( i in aData ) {
	WScript.Echo( aData[i] );
}
★ 処理は Java とほぼ同じ ★ 最大添え字を必要としない for による列挙ループが可能
このアーティクルの参照用URLをクリップボードにコピー メンテナンス
Jscript.NET ( No.7 )
日時: 2007/07/01 01:00
名前: lightbox
import System;

var str : String = "0001,浦岡 友也,ウラオカ トモヤ,0003,0,2005/04/03,2005/06/19";

// 区切り文字定義
var delimStr : String = ",";
var delimiter : Char[] = delimStr.ToCharArray();

// 配列定義
var aData : String[] = str.Split( delimiter );

for( var i : int = 0; i < aData.length; i++ ) {
	Console.WriteLine( aData[i] );
}

for( i in aData ) {
	Console.WriteLine( aData[i] );
}
★ 処理方法は C# と同様 ★ データ型の定義が : で可能
このアーティクルの参照用URLをクリップボードにコピー メンテナンス
PHP ( No.8 )
日時: 2007/07/01 00:55
名前: lightbox
<?

$str = "0001,浦岡 友也,ウラオカ トモヤ,0003,0,2005/04/03,2005/06/19";

$aData = mb_split( ',', $str );

foreach( $aData as $Key => $Value ) {
	print "{$aData[$Key]}\n";
}


foreach( $aData as $Value ) { print "$Value\n"; } for( $i = 0; $i < count($aData); $i++ ) { print "{$aData[$i]}\n"; } ?>
★ 日本語を処理する為に、mb_split を使用 ★ 最も一般的な列挙は、最初の foreach ★ {} は、複雑な PHP 変数を明示する方法
このアーティクルの参照用URLをクリップボードにコピー メンテナンス
VC++ with lightbox.lib ( No.9 )
日時: 2013/05/02 21:30
名前: lightbox
↓lightbox.lib
http://winofsql.jp/download/lightbox_basic_2005.exe

#include "lightbox.h"

int main() {

	LboxString LString("0001,浦岡 友也,ウラオカ トモヤ,0003,0,2005/04/03,2005/06/19");

	LboxToken LToken;
	LToken.CreateToken( LString, "," );

	int i;

	for( i = 0; i < LToken.nCount; i++ ) {
		printf( "%s\n", LToken.Token[i] );
	}

	return 0;
}
build.bat
cmd.exe /c vc6.bat split
vc6.bat
Set AddPath=C:\Program Files\Microsoft Visual Studio\COMMON\MSDev98\Bin
Set PATH=%AddPath%;%PATH%
Set CL6="C:\Program Files\Microsoft Visual Studio\VC98\Bin\cl.exe"
Set LINK6="C:\Program Files\Microsoft Visual Studio\VC98\Bin\link.exe"
Set INC6="C:\Program Files\Microsoft Visual Studio\VC98\Include"
Set INCA="C:\Program Files\Microsoft Visual Studio\VC98\ATL\Include"
Set LIB6="C:\Program Files\Microsoft Visual Studio\VC98\Lib"
Set LIBS1=kernel32.lib user32.lib gdi32.lib winspool.lib comdlg32.lib advapi32.lib
Set LIBS2=shell32.lib ole32.lib oleaut32.lib uuid.lib odbc32.lib odbccp32.lib
%CL6% %1.cpp /c /I%INC6% /I%INCA%
%LINK6% /LIBPATH:%LIB6% %1.obj %LIBS1% %LIBS2%
このアーティクルの参照用URLをクリップボードにコピー メンテナンス