ソース掲示板




すべてから検索

キーワード   条件 表示 現行ログ 過去ログ トピックス 名前 本文
コマンドラインからでプリンタの全てをコントロール
日時: 2013/05/02 21:36
名前: lightbox



rundll32.exe printui.dll,PrintUIEntry /?

↓【スクリプト オンライン】
http://winofsql.jp/wsf/PrintUIEntry.wsf

使用法: rundll32 printui.dll,PrintUIEntry [オプション] [@コマンドファイル]
   /a[ファイル] バイナリ ファイル名
   /b[名前] 基本プリンタ名
   /c[名前] UNC コンピュータ名 (リモート コンピュータで実行される場合)
   /dl ローカル プリンタを削除します
   /dn ネットワーク プリンタ接続を削除します
   /dd プリンタ ドライバを削除します
   /e 印刷設定を表示します
   /f[ファイル] inf ファイルまたは出力ファイル
   /ga コンピュータごとのプリンタ接続を接続します
   /ge コンピュータごとのプリンタ接続を列挙します
   /gd コンピュータごとのプリンタ接続を削除します
   /h[アーキテクチャ] ドライバ アーキテクチャが次のうちの 1 つです。 Alpha | Intel | IA64 | x64
   /ia inf ファイルを使ってプリンタ ドライバをインストールします
   /id プリンタ ドライバの追加ウィザード使ってプリンタ ドライバをインストールします
   /if inf ファイルを使ってプリンタをインストールします
   /ii inf ファイルとプリンタの追加ウィザード使ってプリンタをインストールします
   /il プリンタの追加ウィザード使ってプリンタをインストールします
   /in ネットワーク プリンタ接続を追加します
   /j[プロバイダ] プロバイダ名を印刷します
   /k 指定されたプリンタへテスト ページを印刷します (プリンタのインストール時にはこのコマンドは使えません)
   /l[パス] プリンタ ドライバ ソース パス
   /m[モデル] プリンタ ドライバ モデル名
   /n[名前] プリンタ名
   /o プリンタ キューを表示します
   /p プリンタのプロパティを表示します
   /q QUIET モード、エラー メッセージを表示しません
   /r[ポート] ポート名
   /s サーバー プロパティを表示します
   /Ss プリンタの設定をファイルに保存します
   /Sr ファイルからプリンタの設定を復元します
   コマンドの最後に追加されるプリンタ設定オプション フラグの保存または復元:
	2	PRINTER_INFO_2
	7	PRINTER_INFO_7
	c	色のプロファイル
	d	プリンタ データ
	s	セキュリティ記述子
	g	グローバル開発モード
	m	最小限の設定
	u	ユーザー開発モード
	r	名前の競合を解決する
	f	名前を強制する
	p	ポートを解決する
   /u インストールされている場合は、既存のドライバを使います
   /t[#] ゼロを基本としたインデックス ページで開始します
   /v[バージョン] ドライバのバージョンが次のうちの 1 つです。 Windows 95、98 または Me | Windows NT 4.0 | Windows NT 4.0 or 2000 | Windows 2000 または XP| Windows XP
   /w 指定されたドライバが inf ファイルにない場合にユーザーに確認します
   /y 通常使うプリンタに設定します
   /Xg プリンタ設定を取得します
   /Xs プリンタの設定を設定します
   /z このプリンタを自動共有にしません
   /Y プリンタ名を自動生成しません
   /K /v および /h オプションで、0、1、2、3 の値をそれぞれ Windows x64 | Windows IA64 | Windows NT x86 | Windows NT Alpha_AXP | Windows 4.0 として認識するように変更します
   /Z このプリンタを共有にします。/if オプションとのみ使用できます
   /? このヘルプを表示します
   @[ファイル] コマンド ライン引数ファイル
   /Mw[message] は、コマンドを実行する前に警告メッセージを表示します。
   /Mq[message] は、コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。
   /W[flags] は、ウィザード用のフラグとスイッチを指定します (APW および APDW)
	r	ウィザードの最終ページからウィザードを再起動できるようにします
   /G[flags] は、グローバル フラグとスイッチを指定します
	w	セットアップのドライバ警告 UI を表示しません (Super Quiet モード)

例:
   サーバー プロパティの実行: 
rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /s /t1 /n\\machine
   プリンタ プロパティの実行: 
rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /p /n\\machine\printer
   ローカルでプリンタの追加ウィザードの実行: 
rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /il 
   \\machine 上でプリンタの追加ウィザードの実行: 
rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /il /c\\Machine
   キュー表示の実行: 
rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /o /n\\machine\printer
   inf インストールの実行: 
rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /if /b "Test Printer" /f %windir%\inf\ntprint.inf /r "lpt1:" /m "AGFA-AccuSet v52.3"
   inf を使ってプリンタの追加ウィザードの実行: 
rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /ii /f %windir%\inf\ntprint.inf
   コンピュータごとのプリンタ接続の追加: 
rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /ga /c\\machine /n\\machine\printer /j"LanMan Print Services"
   コンピュータごとのプリンタ接続の削除: 
rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /gd /c\\machine /n\\machine\printer
   コンピュータごとのプリンタ接続の列挙: 
rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /ge /c\\machine
   inf を使ってプリンタ ドライバの追加: 
rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /ia /c\\machine /m "AGFA-AccuSet v52.3" /h "Intel" /v "Windows 2000 または XP" /f %windir%\inf\ntprint.inf
   INF を使ったプリンタ ドライバの追加: 
rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /ia /K /c\\machine /m "AGFA-AccuSet v52.3" /h "Windows NT x86" /v 3
   プリンタ ドライバの削除: 
rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /dd /c\\machine /m "AGFA-AccuSet v52.3" /h "Intel" /v "Windows 2000 または XP"
   プリンタ ドライバの削除: 
rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /dd /K /c\\machine /m "AGFA-AccuSet v52.3" /h "Windows NT x86" /v 3
   通常使うプリンタとして設定: 
rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /y /n "printer"
   プリンタ comment の設定: 
rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /Xs /n "printer" comment "My Cool Printer"
   プリンタ設定の取得: 
rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /Xg /n "printer"
   プリンタ設定の結果をファイルに保存: 
rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /f "results.txt" /Xg /n "printer"
   プリンタ設定コマンドの設定の使用法:
rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /Xs /n "printer" ?
   すべてのプリンタ設定をファイルに保存: 
rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /Ss /n "printer" /a "file.dat"
   すべてのプリンタ設定をファイルから復元: 
rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /Sr /n "printer" /a "file.dat"
   レベル 2 のプリンタ情報をファイルに保存 : 
rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /Ss /n "printer" /a "file.dat" 2
   プリンタ セキュリティ記述子をファイルから復元: 
rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /Sr /n "printer" /a "file.dat" s
   プリンタ グローバル開発モードとプリンタ データをファイルから復元: 
rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /Sr /n "printer" /a "file.dat" g d
   最小設定をファイルから保存とポート名の解決: 
rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /Sr /n "printer" /a "file.dat" m
メンテナンス

プリンタ一覧 + α ( No.1 )
日時: 2013/02/04 17:05
名前: lightbox


日時: 2013/02/04 17:05
名前: lightbox
1) 一覧
Set objShell = CreateObject("Shell.Application")
Set objFolder = objShell.NameSpace(&H4)
Set colItems = objFolder.Items

For each item in colItems

	if item.Name <> "プリンタの追加" then
		Wscript.Echo item.Name & vbCrLf & _
			"アプリから見たパス:" & item.Path
	end if

Next
2) ネットワークプリンタの登録 Call WshShell.Run( "rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /in /n""\\machine\プリンタ名""", , True ) 3) デフォルトプリンタに設定 Call WshShell.Run( "rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /y /n ""\\machine\プリンタ名""", , True )
このアーティクルの参照用URLをクリップボードにコピー メンテナンス